競馬でフォーメーション投票する時のうまい買い方3選

競馬・買い方

フォーメーション投票のウマい買い方を、皆さんご存知でしょうか?馬なだけにウマい、という話をしてるのではありません。

今回は、少しとっつきづらい競馬の買い方のひとつである「フォーメーション投票」についてお話していきます。

フォーメーション投票って?

フォーメーション投票とは、3連単の投票の方法のひとつです。

3連単とは、1着にくる馬、2着にくる馬、3着にくる馬をそれぞれ予想して買うという単純な買い方です。

3連単を買う方法はボックス、流し、フォーメーションと3つの種類があるのですが、まずはその3つ投票方法を説明したいと思います。

ボックス投票

ボックス投票は、3着以内に入りそうな馬を選び、その組み合わせすべてを買う投票方法のことです。

①②③の3匹の馬を選択した場合は①−②−③、①−③−②、②−①−③、②−③−①、③−①−②、③−②−①の6通りとなります。

流し投票

次に流し投票とは、軸となる馬を選んで買う3連単の投票方法のことです。

①を軸馬として1着へ固定し、2着3着に入りそうな馬を②、③、④とすると購入する馬券は①−②−③、①−②−④、①−③−②、①−③−④、①−④−②、①−④−③の6通りです。

選んでいる馬は4種類になりますが、1着に入りそうな馬を固定することで(これを軸にするといいます)先ほどのボックス投票の場合と同じ組み合わせ数で購入することができます。

「1着には必ずこの馬がくる」といったような場合に活用したい買い方ですね。

1着を固定するだけではなく、2着に来る馬だけを固定するといった買い方をすることもできます。

フォーメーション投票

最後にフォーメーション投票です。

フォーメーション投票とは、各順位に馬を固定して買う投票方法のことです。

具体的には、1着は①の馬で2着は②の馬だと固定するが、3着には③④⑤⑥⑦⑧のどれか、と予想して買う場合のことをフォーメーション投票といいます。

この場合に買う馬券は①−②−③、①−②−④、①−②−⑤、①−②−⑥、①−②−⑦、①−②−⑧の6通りとなります。

ボックス投票や流し投票と比べて選んでいる馬の数は多くなっているのに、固定する軸が多いことで結果的に買う組み合わせ数は同じ、ということを実感できると思います。

もちろん固定する馬の数は増やせますし、2着3着を固定する、なんて買い方もできます。

競馬のフォーメーション投票のウマい買い方

フォーメーション投票

ここまでは3連単の馬券の投票方法の種類を紹介しましたが、ここからはフォーメーション投票のウマい買い方についてご紹介していきたいと思います。

ウマい買い方その1 購入点数を絞る

なんといってもフォーメーション投票の1番のメリットは、購入点数を抑えられる点です。

例えば下記のようなレースがあったとします。

1番人気の馬は単勝倍率が2.1倍
2番人気の馬は単勝倍率が3.4倍
3〜8番人気の馬の単勝倍率は8〜20倍
9番人気以下の馬の単勝倍率は50〜200倍

この時、1着2着には圧倒的人気の1番人気の馬、次いで2番人気の馬が、3位は無難に3〜8番人気が来るかなという予想を立てたとしましょう。

その場合のフォーメーション投票の買い方は

①②ー①②ー③④⑤⑥⑦⑧

となり、購入する組み合わせは①−②、②−①×③④⑤⑥⑦⑧(2×6)の12通りにすることができます。

この時もしフォーメーション投票のことを知らずにボックスで投票していたとすると、8×7×6の336通りもの組み合わせとなるため、購入する組み合わせ数がかなり増えることになってしまいます。

ただこのボックス投票では⑧−⑦−⑥といったような馬の組み合わせをフォローすることもできるため、万が一そういったことが起きた場合は高額配当を期待することもできますが…12通りと336通りではリスクがかなり違いますよね。

というわけで確実にこの順位にはこの馬がくると予想できる場合は、フォーメーション投票がオススメです。

※倍率=当りやすさというわけではありませんが、今回は人気度を表している倍率を当りやすさとして考えています

ウマい買い方その2 買うレースを選ぶ

ウマい買い方その1では、フォーメーション投票で馬券を購入する際は購入点数を減らすことが大事、ということを書きました。

次におすすめするのは、毎回のレースで馬券を買うことを避けて、イチオシのレースのみ馬券を購入する方法です。

ただレースを選ぶだけではなく、予算で変わる購入組み合わせ数、購入するべきレースについて言及していきます。

・予算500円以内

予算500円の方には1着2着固定、3着目に5頭を選ぶタイプの3連複フォーメーションがおすすめです。

各馬券を100円分購入したとするとちょうど500円になるので、低額の予算でも大きい配当を狙える買い方になります。

この買い方でフォーメーションを購入する際に注目したいレースは、圧倒的人気の馬が1頭いて、2番人気の馬もそれなりに人気のレースです。

そのレースを選ぶことで1、2着に来る確率の高い馬が2頭に限定されますので、的中確率をアップさせることができます。

最近ですと、2020年東京優駿(日本ダービー)では1着に圧倒的1番人気のコントレイル(単勝倍率1.4倍)、2着に次点で人気のサリオス(4.4倍)、3着に10番人気のヴェルトライゼンデ(単勝倍率66.4倍)というレースが話題となりました。

上記のレースは予算500円の買い方でも充分に的中させることができる狙い目のレースとなるでしょう。

もちろんその上位2匹を2連複(1着2着どちらに来ても良い買い方)で購入し、低配当を狙うといったような安全な買い方もありますが、夢を追う人には3連単フォーメーションがおすすめとなります。

・予算1200円

続いては予算1000円ではなく、1200円というなんとも中途半端な予算の買い方について紹介していきます。

予算1200円の方におすすめなのレースは1番人気、2番人気の馬の人気度が拮抗しているレースです。

買い方ですが、1着、2着それぞれに1、2番人気の馬を固定、そして3着に入りそうな馬を6頭選ぶフォーメーション投票になります。この買い方で馬券を購入すると計12点、1200円の金額となります。

予算が1200円の方におすすめするレースはもうひとつあるのですが、それは1番人気が圧倒的で、2・3番人気の人気度合いが拮抗しているレースです。

このレースの買い方は1着に1頭固定、2着に2頭固定、3着に6頭を選ぶという買い方になるのですが、これも計12点の組み合わせですので1200円で購入することができます。

この記事を書いているライターがもっともオススメする買い方であり、実際に利益を出しているウマい買い方となります。

・予算が無制限

最後は、予算が無制限にある人に紹介する購入方法です。

予算が無制限にあるからといって、やみくもに手を広げトリガミになってしまうことは避けたいですよね。(トリガミとは馬券を的中させているのにも関わらず収支がマイナスになってしまうことです)

そんな方におすすめする購入方法は、組み合わせ数を24点までにする、ということです。そうすることで収支がマイナスのトリガミを避けることができます。

3連単の当選金額の中央値は4万円前後ですので、理論的には400通りほど3連単を買わなければトリガミにならないのですが、3連単の配当が1万円未満のレースも全体の20%ほどありますので、注意が必要です。

そもそも30,40,50通りと買わなければならないレースは、しっかりと予想が立てられていませんので、的中する可能性も低くなります。

どうしても購入金額を上げたい方は、1つの組み合わせに対する賭け金をあげてみましょう!

まとめ

高額配当 フォーメーション

いかがでしたでしょうか。今回は、競馬でフォーメーション投票するときの買い方を3つご紹介しました。

既に競馬を始めて実際に投票していても、フォーメーションという言葉の意味を理解せずに投票していた方は意外と多いのではないでしょうか。

競馬のフォーメーション投票は、収支をプラスにしていく上で得策なウマい買い方だと思いますので、ぜひ今後の競馬ライフに役立ててみてください。