競馬で一番勝てる馬券の買い方とは?5つのポイントで徹底解説!

競馬・買い方

競馬で一番勝てる買い方はあるのか?

競馬予想をしている方なら、誰もが気になる事ではないでしょうか。しかし、残念ながら「これが馬券の正解の買い方です!」というものは存在しません。

十人の競馬予想師がいれば十通りの予想方法があり、人それぞれ方法は異なりますし、血統や馬場状態、レースなどは常に進化しているので、いつまでも同じ方法で馬券を購入するわけにもいきません。

しかしながら、競馬のルールや細かい設定などから、”勝ちやすい”馬券の買い方は存在します。

そこで、この記事では一番勝ちやすいと言える馬券の買い方のポイントを、5つに厳選してご紹介していきたいと思います。

競馬で一番勝てる馬券の買い方を紹介

競馬で勝つにはどうやって馬券を購入するのがベストなのか?競馬の予想をしていれば誰もが考えることだと思います。

この買い方をすれば絶対に勝てるよ。と誰かが教えてくれれば悩むこともないのですが、そんな漫画や映画のような奇跡はそうそうありません。しかし、競馬のことを深く理解すれば、安定したプラス収支を目指すことは可能です。

競馬で勝っている人は全体の約5%とも言われており、簡単なことではありません。適当に予想していては絶対に勝てないのが競馬です。是非以下のポイントを参考にして、上位5%に入れるように頑張りましょう。

一番控除率が低い馬券を狙おう

競馬には控除率と呼ばれるものがあります。

控除率とは、簡単に言えば運営しているJRAの取り分屋、レースに勝利した競走馬や騎手の賞金のです。これらは全て競馬ファンが購入した馬券から賄われているのです。

例えば、以下のように10人が1万円ずつ馬券を購入したとします。

  • 1番:5人
  • 2番:3人
  • 3番:2人

この時、1番がレースに勝利したとすると、レースに賭けられた総額10万円を5人で分配するので一人当たり2万円になりますよね?

しかし、単勝では20%の控除率があるので、10万円から20%の2万円を引いて、残った8万円を5人で分配することになります。ということは一人当たり16,000円が分配されるという訳です。

この控除率は馬券ごとに異なるのでそれぞれ紹介していきましょう。

  • 控除率20%:単勝、複勝
  • 控除率22.5%:枠連、馬連、ワイド
  • 控除率25%:馬単、三連複
  • 控除率27.5%:三連単
  • 控除率30%:WIN5

上記のようになっています。これを見ても分かるように、高配当になりやすい馬券ほど控除率が高く設定されています。

もちろん、控除率が低い馬券の方が勝ちやすい馬券と言えるので、長期的にプラス収支を目指すのであれば単勝か複勝が一番勝ちやすい馬券と言えるのです。

三連単やWIN5など、ギャンブル性が高い馬券ほど控除率は高くなっており、一撃の夢はあるものの常に買い続けてもプラス収支にすることは難しいでしょう。

的中率だけではなく回収率も意識しよう

競馬で勝つということは、たくさん馬券を当てることではありません。

むしろ、的中率が低かったとしても、生涯でプラス収支になっていればそれは正真正銘の勝利と言えます。

つまり、競馬で勝つためには的中率を上げることも必要ですが、回収率が100%を超えることが最も重要になります。

しかし、回収率ばかりを意識してしまうと、今度は穴狙いばかりになってしまい、資金がどんどん無くなってしまう可能性があります。

的中率と回収率のバランスを考え、時には堅実的に、時にはオッズを意識して馬券を購入していけば、勝利に近づくことが出来るのではないでしょうか?

上記の控除率で説明しましたが、基本的に競馬は馬券を買えば買うほど負ける仕組みになっています。レースの選定も慎重に行い、勝てる見込みがあるレースをしっかりと見極めましょう。

長期的に考えてプラスになるようにしよう

競馬は、今日中に10万円プラスにしたい!とか、このレースに全てを賭ける!という買い方をすると勝つことが難しくなります。

時には運よく高配当が当たり、一気に回収率を上げることが出来るかもしれませんが、あまり意味がある的中ではありません。

競馬は、長期的に収支をプラスになることを目指す必要があり、安定した馬券の買い方が必要になります。

短期的な収支を意識してしまうと、連続で馬券が外れた時に負けを取り返そうといつもとは違う馬券の買い方をしてしまう事もあります。それでは、プラス収支を目指すことは出来なくなってしまうので、注意が必要です。

トリガミは絶対に避けよう

馬券が的中したにも関わらずマイナス収支になってしまう事を「トリガミ」と呼びます。「ガミった」と言う方も多くいらっしゃいますね。

例えば、5,000円分の馬券を購入したにも関わらず、払い戻しが3,000円だった時には2,000円のマイナスになってしまうのです。

トリガミは買い方を工夫すれば簡単に回避することが出来ます。まず、5,000円分の馬券を購入した時には、50倍以下のオッズを購入している時には注意が必要です。

普通に100円分購入すると、当たってもマイナスになってしまいトリガミになります。しかし、200円分購入すれば、例え30倍だったとしても6,000円の払戻金額を手にすることができプラス収支となるのです。

厚く馬券を賭けていくと、総投資金額も増えて行くので、オッズと投資をしっかりと確認しながら馬券を購入していく必要があります。

オッズは常に変動していくので、レース直前まで目を離してはいけません。急にオッズが低くなることもあるので注意が必要です。

自分のスタイルを確立しよう

最後にご紹介するのは、自分のスタイルを確立することです。

初心者の方は、まだどのスタイルが自分に合っているのか分からないと思うので、スタイルを決めることは出来ませんが、色々な経験をしていくうちに自分に合った予想方法を見つけることが出来るはずです。

例えば、過去の成績をあまり気にせず、パドックで調子が良い競走馬の馬券を買ったり、血統を重視して馬券を買ったり、信用できるサイトを参考にしたり。

何でも良いので、自分の予想に軸を立てて、その予想に基づいた予想を続けることは重要だと思います。

しかし、冒頭でも解説しましたが、血統には流行があるので、常に同じ考えでは的中しなくなってしまいますし、芝の開発も進化しているので、当たらな要素を加え自分自身も進化を続ける必要はあると思います。

自分のスタイルを確立させるためには、多く情報や知識、経験が必要になります。また、最もやってはいけないことは、誰かの予想に乗っかることです。

楽ですし、自分の予想よりも回収率が高いからという理由で続けていると勝つことは難しいでしょう。

情報を集めるためにサイトを利用したり、参考にするために誰かの予想を見ることは良いですが、そのまま馬券を購入すると成長に繋がらないですし、外れた時に全く面白くありませんよ。

まとめ

今回の記事では、競馬で一番勝てる馬券の買い方について詳しくご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

競馬には控除率があるので、平均的な予想をしていてもどんどんマイナスになってしまいます。

勝つためには、平均以上の予想が求められますし、安定して馬券を購入し続けることが重要になります。

また、大きく負けないような馬券の買い方を意識することもありだと思います。自分で馬券を購入する時のルールを定め、そのルールを破らないようにしていけば、自ずと勝利が見えて来るのではないでしょうか?