競馬の三連単は夢がある!おすすめの買い方を3つのポイントで紹介

競馬・買い方

競馬には色々な馬券がありますが、中でも人気が高く夢が詰まっているのが三連単です。

三連単の上にはさらにギャンブル性が高いWIN5がありますが、的中させることは簡単ではないので、三連単を好んで購入する方も多いのではないでしょうか?

三連単とは言え、ガチガチのレースではオッズが低くなることもありますが、75%以上の確率でオッズが100倍を超えており、万馬券に一番近い馬券でもあります。

しかし、三連単も的中率は低く、当てることは簡単ではありません。しっかりと予想をして上手く馬券を購入する必要があるのです。

そこで、この記事では三連単のおすすめの買い方について詳しくご紹介していきたいと思います。単勝や馬単ではなく、もっと難易度が高い馬券に挑戦したい!という方は是非参考にしてみて下さい。

三連単の買い方について

三連単と言っても、主に以下の3つの買い方があります。

  • フォーメーション
  • ボックス
  • マルチ

それぞれ特徴があり、その時の予想に合わせて変更させたり、自分に合った買い方を選ぶ必要があります。三連単のおすすめの買い方をご紹介する前に、上記の3つの買い方を知る必要があるのでご紹介していきます。

フォーメーション

フォーメーションは三連単を購入する時の基本とも言える買い方です。

  • 1着:4番、6番
  • 2着:4番、6番
  • 3着:1番、2番、5番、8番、10番

このような買い方をフォーメーションと呼びます。上記の例だと10点になるので、三連単の中でも買い目を絞った買い方だと思います。

また、自信がある時には、1着と2着を固定する方法もあります。

  • 1着:4番
  • 2着:6番
  • 3着:1番、2番、5番、8番、10番

このような形ですね。これで当てることが出来ればたった5点での的中となるので、非常に精度が高い予想だと思います。

また、上記のような2頭軸にする時には、

  • 1着:4番
  • 2着:6番
  • 3着:1番、2番、3番、5番、7番、8番、9番、10番、11番、12番

このような買い方にしても良いですね。一番上の例と同じく10点になりますが、ヒモを幅広くすることができ、予想外の競走馬が3着に入ってもカバーすることができます。

フォーメーションのメリットは点数を減らすことができることですが、軸馬がズレると外れてしまうので、自信がない時には向いていない方法でもあります。

ボックス

続いてご紹介するのはボックスです。ボックスは、点数が増えてしまいがちですが、順番違いによる外れが無くなるというメリットもあります。

例えばボックスで1番、2番、4番、6番、8番の5頭を選んだとします。そうすると以下のパターンで的中となります。

  • 1着:1番、2番、4番、6番、8番
  • 2着:1番、2番、4番、6番、8番
  • 3着:1番、2番、4番、6番、8番

つまり選んだ5頭の中から3頭が順番に関係なく3着以内に入れば的中となります。しかし、ボックスだと点数が増えてしまうため、競走馬を絞り切れない時には向いていません。

例えば、上記の例の5頭ボックスで三連単を購入すると60通りになるので、最低でも6,000円が必要になります。6頭になると120点、7頭だと210点となるので最低でも5頭ボックスが限界だと思います。

荒れそうなレースで5頭まで競走馬を絞り込むことが出来た時には有効な馬券になります。

マルチ

最後はマルチになります。ちょっと複雑ですが、今までのように例でご紹介していきます。

  • 4番
  • 6番
  • 1番、2番、5番、8番、10番

これのマルチを三連単軸2頭マルチと言います。どうなれば当たりかというと、上記の三連複を購入した時と同じです。

4番と6番と1番、2番、5番、8番、10番の5頭の中から1頭の3頭が3着以内に入れば的中となります。

「え?じゃあ三連複でいいじゃん」と思う方もいらっしゃると思います。この買い方のメリットは、1,2着に下位人気馬が飛び込んできた時に高配当になるという点です。

三連複だと、上位人気馬が1着だろうと3着だろうとオッズに変動はありませんが、この三連単マルチだとオッズが大きく変わることがあります。人気の軸馬に不安要素がある時には有効な買い方となります。

三連単のおすすめの買い方

ここからは、三連単のおすすめの買い方を詳しくご紹介していきたいと思います。やみくもに三連単を購入してもなかなか的中させることはできません。

しっかりと買い方をマスターして、的中率のアップに繋げましょう。

最初はフォーメーションにしよう

上記でもご紹介したように、三連単にはいくつかの買い方がありますが、最初はフォーメーションから始めることをおすすめします。

馬単を予想する延長として考え、馬単に3着を付け足すイメージだと予想しやすいかもしれませんね。

初心者の内は、なかなか三連単を当てることができないと思います。ボックスやマルチにしてしまうと点数が増えてしまうので、無駄な投資を重ねてしまう可能性があるのです。

軸2頭のフォーメーションにすれば、そこまで多くの点数にはならないですし、複雑に考える必要もないのでおすすめです。

特に、上位人気馬が1,2着になりそうな時には、馬単でも低いオッズになってしまいます。そんな時に、三連単フォーメーションを利用することが好ましいでしょう。

荒れるレースなのか堅いレースなのかを予測する

どの馬券でも同じですが、荒れるのか堅いレースなのかをまず最初に予想することが重要になります。

特に三連単の2頭軸のフォーメーションにする時には、軸がぶれてしまうと絶対に当たらないので、ここだけは外してはいけません。

荒れそうなレースなのに上位人気馬を軸にしていないか、堅そうなレースなのに下位人気馬を軸にしていないかをはっきりとさせる必要があります。

軸馬を予想するよりも重要なことだと思うので、必ず明確にしましょう!

三連単はメインにしない

三連単をメインにしない。これはおすすめの買い方というよりも注意に近いですね。

レースの結果を見ていると、三連単で何十万円にもなる決着がバンバン飛び出すので「自分もあんな馬券を当ててみたい…」と考えてしまうと思います。

しかし、三連単をメインにし、高額配当ばかりを狙うとどうしても回収率が低くなってしまうのです。馬単で予想してたけど、ちょっと自信あるから三連単にしてみようかなとか、三連複で予想してたけどオッズが低いから三連単にしてみようかなとか。

ふしぎと他の馬券をメインにしていたけど、三連単の方が旨味がありそうだから変更するという時の方が的中率が高いと思います。

最初から三連単で予想をする時には、欲望の塊になっているので、穴馬を無理やり馬券に入れたり、軸馬を中間人気馬にしてみたりして撃沈することが多くなるのです。

夢が詰まっているといっても、三連単の平均配当は30,000円から40,000円くらいなので、堅実に当てることを意識する必要があると思います。

まとめ

今回の記事では、現在販売されている馬券の中でも人気が高い三連単のおすすめの買い方をご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

一撃のロマンがありますし、高配当を記録することが多い馬券ですので、穴馬を狙いたくなりますが、あくまでも的中させることが重要です。

今回の記事でご紹介した3つの買い方とおすすめの買い方を駆使して、まずは的中させることを意識して馬券を購入してみましょう!

三連単を購入しているのにどうしても当たらないと悩んでいる方は、単勝や馬単からもう一度しっかりと予想を組み立てる力を養いましょう。